定期的な検診を

大腸がんの検査方法は、バリウムを使って治療したり、内視鏡を使った検査で行います。痛みのある検査も多くありますが、発見の段階で必要です。がんの進行度によっては、さらに詳しく見るための検査が必要になることがあります。

増えているがん

増加しているがんの発症ですが、原因として考えられるのは食事が大きいです。日本食から離れてしまい、肉中心の欧米食になって来ています。食事以外に重要ながんを予防するために重要なことを紹介しています。

がんの治療

大腸がんといっても様々あり、大腸の中での出来た場所によって呼ばれる名称が違います。また、それぞれの場所で治療方法が異なります。治療には、一般的ながんに用いられる治療もありますが、殆どの大腸がんが内視鏡で取れます。

注意点

大腸がんの手術を受けた後は2~5日間から食事が出来るようになりますが、治療後は大腸の吸収力や機能が低下していることが殆どなので、急激に食べることに注意しましょう。

オススメリンク

副作用がほとんど出ない十二指腸がんの治療法はこちらのクリニックにお任せ!抗がん剤の副作用が不安なら相談してみましょう。

がんの知識を増やす

がんを発症する原因を知っていますか?それは、食事・睡眠・休養などの生活習慣の乱れが積もったことによる場合やストレスなどが考えられます。
がんの発症にはよく遺伝という言葉を聞きますが、完全にそれが原因であるとも言い切れないのです。
つまり、がんの発症を抑えることは自分次第ということです。
がんには種類があり、進行度で分けられています。がんの塊を作っているか、大きさ、転移の可能性、遠隔に転移する可能性などで分けられています。
がんの進行度の状態によって、治療の内容が変わってきます。そのため、早い段階で発見した方が治療の際の負担が少なくなります。
がんは発症した場所によって、そのリスクや治療内容が異なります。
日本人で1番発症率が高いがんの種類は、順に胃がん、大腸がん、肺がん、乳房がん、前立腺がんです。
がんを発症してから、死亡する可能性は60代を超えると女性よりも男性の方が高くなることが分かっています。

大腸がんは2種類に分けられていて、「直腸がん」と「結腸がん」があります。
直腸と呼ばれるところに出来たがんを「直腸がん」。直腸以外の腸内に出来たがんを「結腸がん」と読んでいます。
発症の可能性は直腸がんが約40%で、結腸がんは約60%と言われています。

大腸がんになったかな?と思ったらすぐに病院で検査を受けましょう。
大腸がんと思われる症状は次の通りです。
血便、便秘や下痢を繰り返す、腹痛、腹部の膨満感、貧血などが挙げられます。
中でも、血便は痔の症状に似ている場合があるので、発見が難しい場合があります。
便に血が混じっていると感じたら、便潜血検査を受けましょう。